ハイドロキノンの効果 シミを消す美白化粧品

ハイドロキノン ビーグレン

  • HOME

ビーグレンは顔全体に使える貴重なハイドロキノン配合美白クリーム

ハイドロキノンが配合された美白化粧品は、高い美白効果が期待できること。さらには、すでにできてしまったシミを消す効果があるということで、とても人気がありますよね。通常、ハイドロキノン美白化粧品は、頬などのシミにピンポイントで集中的に使ったりします。ただ、もしあなたの顔に全体的にくすみがあったり、シミが複数に何箇所もあったりしたらどうしましょうか。そのようなあなたには、顔全体に使用できるハイドロキノン美白クリームのが必要ですよね。そういったクリームがあるかというと、ビーグレンから発売されているQuSomeホワイトクリーム1.9がそれにあたります。顔全体に使用するために開発されたハイドロキノン美白クリームになっています。

ハイドロキノンって?

ハイドロキノンは、以前は皮膚科などの医療機関のみで使用されていた成分です。美白効果が高い分、その取扱いにも細心の注意が必要だったからです。規制緩和で、いまでは一般のドラッグストア等でも、濃度が高くないものであれば販売できるようになっています。アメリアでは今でも日本以上に規制が厳しかったりします。

化粧品には、美白化粧品と呼ばれているものが、いろいろとありますよね。でも、美白化粧品の多くは、これからシミができないようにするための予防美白効果しかないってことを知っていましか?美容業界では、シミ予防のことであっても、「美白」という言葉が使えるのです。では、すでにできてしまったシミを消すってことができる美白商品はないのでしょうか?ハイドロキノンという成分が配合されている化粧品は、すでに肌にできてしまったシミに対しても、薄くしたり、消す効果があるということで、とても注目が集まっています。シミが消せる、美白効果もそれ以外の美白化粧品よりも高いということで、人気になっているのがハイドロキノン配合の化粧品というわけです。

基本はピンポイントで使う化粧品

ハイドロキノン配合美白クリームは、基本的に、一点集中で使います。できてしまったシミのところにピンポイントで塗布して、シミ対策をしていきます。お肌を部分的に漂白していく感じです。各社美容メーカーから販売されている商品も、そのほとんどは集中ケア用のハイドロキノン配合美白クリームとなっています。たとえば、プラスキレイの濃度4%のプラスナノHQもピンポイントケア用。アンプルールから発売されている濃度2.5%のコンセントレートHQ110も同じくポインポンとで使用。アンプルールにはメラルミナスという商品があって、顔全体に使用できるハイドロキノン配合美白クリームということですが、ハイドロキノンの配合量は未公表です。

顔全体を美白する方法にはどんな方法があるの?

では、「顔全体の美白をしたいときはどうしたらいいの?」ということになりますよね。ハイドロキノン以外の美白化粧品だと、基本はシミ予防。できてしまったシミを消すクリームではありません。では、顔全体に使用できるハイドロキノン配合の美白化粧品はあるのでしょうか?顔全体に使用できるハイドロキノン美白化粧品として考えた場合、そのような美容液や化粧水であれば、あります。しかし、そのようなハイドロキノン配合の美容液や化粧水などは、ハイドロキノンの濃度の明記がありません(通常1%未満とのこと)。あくまでも補助的に使う化粧品アイテムと思った方がよさそうですね。

1%未満とかでない、ある程度の濃度(但し低濃度)の入ったハイドロキノン美白クリームとなると、やはりなかなか見当たりません。ひとつ候補としては、先ほどご紹介したアンプルールのメラルミナスはあります。顔全体に使用できる美白美容クリームです。メラルミナスは、ある程度のハイドロキノンの効果は望めるかとは思います。しかし、ハイドロキノン配合量は未公開ですので、どの程度の効果が期待できるかは、予測することがむつかしいです。

ビーグレンは顔全体に使えるハイドロキノン配合の美白化粧品

様々な女性誌や健康雑誌で取り上げられることも多い、ドクターズコスメの化粧品会社「ビーグレン」。そのビーグレンから発売されている「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、あなたの顔全体に使用できるハイドロキノン配合美白クリームとなっています。アメリカ・カリフォルニアの博士が研究開発したQuSome(キューソーム)という技術がポイントです。キューソームという浸透テクノロジーが、ハイドロキノンの成分をお肌の中に浸透しやすくしてくれるのです。ビーグレンの美白クリームQuSomeホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノンの濃度が1.9パーセントなのですが、その効果は4%配合の場合と同じレベルであることが実験結果で証明されています。ハイドロキノンは濃度が高いと、白斑などのリスクが、より高まる成分でもありますので、出来る限り濃度が低いのが望ましいと言えます。でも、濃度が低いとその効果も下がってしまいます。そのことを解決したのが、QuSome(キューソーム)というテクノロジーであり、QuSomeホワイトクリーム1.9という美白化粧品になるのです。「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、洗顔料「クレイウオッシュ」、化粧水「QuSomeローション」、美容液「Cセラム」、クリームの「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」とあわせて使うと、より効果的にお肌のメンテナンスができます。ホワイトケア トライアルセットというお得なお試し用セットがありますので、それからはじめてみてもよいでしょう。

Copyright (C) 2014 ハイドロキノンの効果 シミを消す美白化粧品 All Rights Reserved.

Page Top